ブランド構築について

広告に頼らず、本来の企業の力で顧客に評価される事業向上につながり、
社員のモチベーションを高め、社内の活性化を導くものです。

ブランド構築・ブランディングといった言葉がありますが、弊社では、以下のような意味づけをしています。

ブランド構築
・・・あなたの会社の競合他社と比較した「強み」「優位性」や暗黙知になっている「特色」を掘り出し、外部から見えるようにすること=構築
ブランディング
・・・Brandingに付いている「ing」が表すように、継続的に顧客層に対してブランド構築段階で見つかった差別化要素を認知させるアクションのこと

つまり、ブランド構築の段階で顧客が「なるほど、これはよい!」という差別化要素を見える化、固定化し、それをブランディングの段階で浸透させる、ということになります。

ブランド構築は、戦略として経営戦略の中に入ってきます。決して広告やデザインの分野ではないので間違えないようにしてください。
経営に必要な要素、人材活用、財務・関係、営業・販売戦略、これに加えてブランディング戦略なのです。

さらに実績を交えてご説明
いたします。 ご訪問予約ボタン

「勝てる企業診断シート」で御社のブランド戦略無料診断中!!
詳しくはこちら

メッセージはこちらから
直接弊社代表平松が返答します!

ご訪問予約ボタン