他社との差別化をする意味

自社目線で、「あのライバルとは違う!」と言ったところで自己満足でしかありません。
本当の差別化とはターゲット層が価値を見いだし、実際に「動く」要素がなければなりません。

マーケティング戦略を進める上で、他社との差別化はビジネスの成否に関わる重要な要素です。
競合他社との違いをしっかりと分析し、自社の強みと弱みを把握し、次の対策を打ち出していくことが、ブランディング戦略の出発点となります。

同じ業界や市場のなかで、競合他社の商品と比べて、品質や機能、サービスなどの面で違いを出すことで、他社にはない商品の魅力を消費者や購買者に伝えることが、差別化戦略の狙いです。
ブランディングを分かりやすく表現すれば、「価格の高い低いではなく、商品・サービスの特徴・強みなど差別化の要素でお客様に選ばれるような企業になること」。
 ブランドとは他社との違いを、第三者が見分けるための「目印」です。
その目印がなかったり、不明確だったりすると、他社商品と自社商品を簡単に見分けることができません。
たとえばサッカーや野球で、相手チームとは別系統の色のユニホームを着て試合をするのと似ています。
スポーツの場合、互いの選手だけでなく、観客や審判にも分かりやすくするため、はっきり相手チームとは違う色のユニホームを用意して戦います。
 これと同様に自社の強み、つまりカラーを鮮明にすることで、競合他社との差別化を図り、自分の会社や商品(サービスなどを含む)を消費者や購買者に見分けてもらい、最終的に購入へと導くことが狙いです。
ブランディング戦略を進める上では、まず自社の現状を分析し、強みと弱みを把握していきます。
そして、他社にない魅力を再認識し、差別化戦略を推し進めていくことがブランド確立への第一歩となります。

ただし、最終的に自社の強みや差別化要素が明確化されても、それを浸透させたり、顧客に認知させたりする手段がなければ意味はないと思います。
弊社はそれ(アクションプラン)の実行ができるのです。

さらに実績を交えてご説明
いたします。 ご訪問予約ボタン

「勝てる企業診断シート」で御社のブランド戦略無料診断中!!
詳しくはこちら

メッセージはこちらから
直接弊社代表平松が返答します!

ご訪問予約ボタン