ブランド構築は必要?

ブランディングが果たすべき役割

競争戦略の輪郭を明確にするのが、ブランディング

【ブランディング】が【競争戦略】において果たす役割は、以下の2点です。

役割1:
組織のビジョンとアイデンティティを、「わかりやすく」、「正確に」市場に伝えること
役割2:
組織が伝えたい「理想=ビジョン」と、「ユーザーからの期待」を合致させること

組織の理想と市場からの期待を合致させてこそ、そこにブランドが構築されていきます。

ブランディングが競争戦略において果たす役割
ブランド構築とは、ホームページやパンフレット等のツール類の整備がその目的、というものではありません。これらの制作物は、あくまで手段です。
市場に存在する全ての要因との位置関係、競争関係を綿密に分析しシナリオ構築を行うことで、初めて有効なブランドが構築できるのです。
シナリオの方向性によって、構築するブランドの性格も変化します。ですので、シナリオ=競争戦略がブランディングには何よりも重要になってくるのです。