ブランド構築は必要?

ブランド構築は大企業のものだけだと思っていませんか?

皆さんが、会社の代表として、急遽同業者が全部出場するマラソンの大会に出ることになったとします。

大会は来月。会社の代表として他の会社と争います。42.195km問題なく走れるでしょうか?他の会社に恥ずかしくない走りが出来るでしょうか?

ここであなたが考えることは以下のことです。

1.体力が続くだろうか?
2.同業者相手に恥ずかしくない走りが出来るだろうか?
3.そもそも自分は大会出場に値するのだろうか?

このシチュエーションは、今の皆さんに当てはまることです。
つまり、マラソン大会(=市場競争)に出場し、同業者(競合他社)と争わなければならないのです。
勝つどころか、完走するためには、まず基礎体力(ブランド構築)が必要です。
その基礎体力(ブランド構築)を元に、もう少し進歩して、ライバルと戦えるように(ブランド構築を起点にした各種の戦術)ならなければ、生き残ることはできないのです。
市場が右肩上がりの70年代ならともかく、どのような業界、どのような規模の企業でも今は生き残ることさえ難しい時代です。
資本力、内部留保など体力のある大手企業ならまだしも、中小企業こそ、マラソンで結果を残さなければならないのです。

つまりブランド構築とは、「大手がやるもの」という事は幻想です。中小企業こそ、基礎体力(ブランド構築)を付け、どのような戦術でもできる「源」とし、ライバルより秀でなければなりません。
私たちは数多くのブランド構築を実践してきました。特長は「業績アップに貢献する」アクションプランを行うことです。
ブランド構築は、大企業のものだけではないのです。ライバルとの競争に勝つために、潜在的な顧客を掘り起こすために必要な「基礎体力」なのです。

さらに詳しくブランド構築を知りたい方は以下をクリックください。

ブランディングと競争戦略の位置関係

ブランド構築のプロセスは、先ず、競争戦略ありきです。
競争戦略の明確化なくして「ブランディング」=「ブランド戦略」の構築は成立しません。

詳細はこちら

競争戦略とは、何か?

ベレネッツは、「競争戦略」=「市場における、競争要因との関係を規定する行動シナリオ」と定義します。

詳細はこちら

競争戦略に影響を与える要因

組織の内外の要因との関係を分析し戦略を構築、その上で組織のビジョンとアイデンティティを明確化します。

詳細はこちら

競争戦略検討の視点

競争戦略を検討する場合、「組織の強みと弱み」「業界における機会と脅威」「社会からの期待」「組織内の特有事情」という4つの視点で分析を行います。

詳細はこちら

競争戦略構築に向けての思考プロセス

効果的な競争戦略を構築するために、3大+9のチェックポイントの実施により最善かつ最適の競争戦略が明らかになります。

詳細はこちら

競争戦略の妥当性チェック

3大+9のチェックポイントを実施した結果、構築・選択した競争戦略が適切かどうかは、 獲得すべき戦略目標とそれに至る実施方策=戦術が首尾一貫しているかどうかで、判断できます。

詳細はこちら

ブランディングが果たすべき役割

組織の「理想=ビジョン」と「市場からの期待」を合致させてこそ、そこにブランドが構築されていきます。

詳細はこちら