IPO(新規上場)のために認知度を上げたい

IPO(新規上場)のために認知度を上げたい

貴社のお悩みは?
新規顧客が取れない。顧客獲得にお悩みの方
広告の効果がない。広告以外の手法をお探しの方
上場のための需要層以外に向けたイメージ付けと理解

上場するためには、「どんな会社で/何が魅力で/どのような成長をしそうなのか」をイメージ付け、理解させることが重要です。

上場するためには、需要層、取引先、潜在的な需要層ばかりでなく、今まで関係のなかった一般の人々(投資家)や機関投資家(大口投資家)に 「どんな会社で、何が魅力で、どのような成長をしそうなのか」をイメージ付け+理解させることが重要です。 またそれ以外にも、上場に向かって社内の結束を固める必要が重要です。

弊社では、中立的な立場になり、「経営陣」「社内」「社外」「潜在的需要層」のヒアリングを行い、「事業」を焦点とする戦略構築を行い、 会社のブランドを外向けに一層アピールできる戦略構築します。
また、弊社自身が、株式の第三者割当を行い、証券の名義書換代理人(信託銀行)を任命している会社であるとともに、社内に上場企業の外部取締役になっている者もいるなど、 事業・ビジネスモデルなどを完全に理解する者が在席していることが強みです。

IPO前には、外部説明資料が重要になってきます。投資家、VC、既存株主、幹事証券会社、銀行などあらゆる場所でのプレゼンテーション機会が発生します。 今まで営業で使っていた会社案内の見直しをはじめ、効率的、かつ、魅力的に自社のPR、ビジョンを説明するためのPowerpointもオリジナル仕様のものを利用し、 IPOするに相応しい格式を持つお手伝いをいたします。

また、BtoB企業などの一般投資家になじみの薄い事業を行っている場合、タグライン(日立で言えばinspire the next)を企業ロゴと一緒に配置するために 新たに作成することも昨今多くなっています。タグラインは、事業内容を理解させ、同時に記憶しやすく、欧米系の企業では当たり前になっているアイテムです。

PAGE TOP