他業種との比較表

  手法 領域 行動
経営コンサルタント

・自分の経験をそのまま注入しようとする場合が多い。

・指示のみが多い。

・先生系が多いので、教えを請う上下の関係になることが多い。

・得意分野によって別れる。組織しかやらない場合、営業改革しかやらない場合、財務しかみない場合、経営者しかアドバイスしない場合などが多い。

・実際のアクションプランの実行は会社任せが多い。(レポートや報告書で終わり)

広告代理店系
ブランディング
コンサルタント

・CI(コーポレート・アイデンティティ)デザインや、イメージ統一などデザイン案件中心。

・広告につなぐための素材づくり、という観点が多い。

・広告面、販促面、デザイン面以外の領域(経営面、組織面、財務面、競合戦略面、認知度向上面など)に弱い。

・経営戦略、財務会計、営業戦略、ビジネスモデル、販促など、経営陣から各部門まで対等に理解・議論できる。

弊社
(Corporate Branding Advisory)
by 株式会社ベレネッツ

・弊社の主観的な見方は一切排除。顧客内の情報50%:既存顧客、潜在顧客の情報50%、そこに弊社のあらゆる業態に関わった経験値を加味し、強み・差別化要素・特色を掘り出す。

・経営戦略、財務会計、営業戦略、ビジネスモデル、販促など、経営陣から各部門まで対等に理解・議論できる。

・認知度を高めたり、販促や競合に勝つための戦術を企画、実行可能。

・弊社自体が競合の中でBtoC事業、BtoB事業を行っており実務が分かるからこそ、顧客と一緒に攻めることが可能。

経営コンサル会社、財務会計コンサル会社、その顧客企業のブランディングを弊社に依頼されることが多い傾向にあります。