会社の廃業予備軍127万社の衝撃

from ベレネッツ代表 平松誠一 2017年秋に経済産業省から衝撃的なデータが発表されました。 ・中小企業経営者の年齢層が最も多いのが65〜69歳 ・まもなくリタイア時期を迎える経営者は約245万人 ・半数(127万人)が後継者未定 中小企業の3社に1社が廃業危機に 日本の中小企業数は420万社です(経済産業省データから) つまり

続きを読む

ビジネスパーソン知っトク情報 _どんな製品にもマーケットってあるんだね~という話_アナログレコード

いま、アナログレコードが熱い! らしいです。 市場的には縮小を続けていましたが ここ数年で少し回復してきました。 2017年はアナログレコードの生産 数量が16年ぶりに100万枚を超え ました。 一番落ち込んだ2009年が10万枚 程度なので10倍に増えています。 たしかに、 今年にはいって、ソニーが29年ぶり にレコード生産を復活させていたり、

続きを読む

ビジネスパーソン知っトク情報 _どんな製品にもマーケットってあるんだね~という話_電力メーター

電気代は1ヶ月に1回は意識しますが、 電力メーターに意識がいく方は少ない でしょう。関係者以外は。 普段は全く意識していませんが、 私たちの生活になければならないもの はたくさんあります。 電力メーターもその1つです。 この電力メーターに、今、大きな変化が 起きていることをご存知でしょうか? 次世代の電力

続きを読む

つれづれなる想い_幸福度ランキング

幸福度。。 これほどよくわからない指標は ないです 笑 ニュースなんかで、 「日本は幸福度が低いから○○の 国を見習うべきだ」とか 「日本の幸福度が低いのは○○ だからだ」的な、 日本ダメだ論に結び付けて話を する人々がいるんですが、 「あなたの幸福の基準って、どこに あるんですか?どうやって他人と比較 するのですか?」 と問いただしたい衝動に駆ら

続きを読む

つれづれなる想い_携帯音楽プレーヤー

ある分野を語るときに、 思い浮かべる製品によって世代が ある程度分かるものがあります。 携帯音楽プレーヤーもその1つです。 すぐにウォークマンを思い浮かべるか、 iPodを思い浮かべるかで、世代が ある程度わかります。 現在では、 スマホに携帯音楽プレーヤーの機能が 取り込まれていて、スマホで音楽を 聴く層が多くなったため、携帯音楽 プレーヤーで音楽を

続きを読む

ライティングスキルとプレゼンテーションの関係

from ベレネッツ代表 平松誠一 断言します。 ライティングのスキルが向上すれば、プレゼンテーションはうまくなります。 プレゼンテーションがヘタ(盛り上がらない、みんなが集中して見てくれない、その後の契約などにつながらないetc)な場合、powerpoのデザインを変えたり、カッコいいデザインに変えてもダメです。 何度もプレゼンテーションの文字・図を見直してもダメです。

続きを読む

逆インバウンドマーケティング、されてませんか?

「インバウンドマーケティング」 という言葉、最近よく耳にします。 ベレネッツも主力事業である ブランディングサービスにおいて、 インバウンドマーケティングの 手法を駆使しています。 インバウンドマーケティングの 定義をネットなどで調べてみると、 だいたい以下の2点に集約されます。 ◆ネット上の様々なメディア(ブログ やSNS、動画など)を 通じて、

続きを読む

仕事を最適化するための3つのポイント

仕事を進める上で、最適化を図るのは 当然のことです。 ただ、その最適化を図る上で気を付け ないといけないポイントが3つあります。 その1.自分(部分)最適化の視点ではなく、全体最適化の視点 その2.事前の調整 その3.事後のフォロー(修正) それぞれ、解説します。 その1.自分(部分)最適化の視点ではなく、全体最適化の視点 最適化を図るとき、どうしても自分視点

続きを読む

プロにご用心

私たちが仕事を依頼するとき、あるいは、 商品やサービスを購入するとき、 その道のプロに、依頼したりアドバイス を求めたりします。 支払う費用は決して安くありません。 でも、このプロたちの言葉やアウトプット は、一歩引いて冷静に聞いたり判断した りする必要があります。 「そんなのあたりまえじゃん!」と思った 方は、なにか過去に痛い目にあったの

続きを読む

経営用語から企業を考えてみよう_プロフィットセンターとコストセンター

一昔前、選択と集中という言葉が流行っていたころ、 プロフィットセンターとコストセンターという言葉 もよく使われていました。 日本企業が全体的に調子が悪かった時代、 多くの企業で「いかにコストダウンを行うか」だけ に血道を上げていた時代があったのです。 ちなみにプロフィットセンターとコストセンターの 定義について、ネットで検索すると様々でてきます が、できる限り「対」の文

続きを読む