会社の強み

ブランディング 認知度向上

強みがない、という会社のための「強みの創作方法」

2024/2/13

強みがない、という会社のための「強みの創作方法」 ライバルと差別化したい、差別化まではいかなくても、一緒に見られたくない、という会社は多いと思います。 特に同じ市場の中で多数のライバルが存在する場合は特にそうです。 逆を返せば、強みがないという会社とは、どの会社も横並びで自社も含めて特色に欠けるという場合か、もしくはあなたの会社が「価格」でしか勝負ができない場合ということになります。 いくら差別化要素、強み、特色を作りたいと思っても教科書のように簡単にできるわけないことはあなたも理解しているはずです。 で ...

ReadMore

採用

人材不足で悩んでいる会社に決定的に足りないアクションとは?

2024/1/9

【広告企画】 人材さえ獲得できればもう少し業績が上がるのに。 人材獲得できればこの需要に応えられるのに。 人材獲得させできればライバルに負けないような成長ができるのに。 このように考えている中小企業は多いでしょう。 なぜあなたの会社は人材の採用がうまくいかないのか? それは「知名度が低い」からではありません。 日本には200万をこえる企業法人があります(令和3年総務省統計局調べ) その中の多くが無名企業です。 当社も同じで、株式会社ベレネッツをご存知の方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか? 弊社の顧客や ...

ReadMore

ブランディング

禁断のブランディングの簡単な説明

2023/11/9

「禁断のブランディング」は、通常のブランディングの枠を超え、マーケティング要素を取り入れた成果の見えるブランディング手法なのです。 言葉的にキャッチーなので、関心を持っていただける方が非常に多いです。 ただし禁断とついているので、怪しげなテクニックを使う(笑)、と思われるかもしれませんが、全く問題ない手法です。 「禁断の」とは、通常のブランディング会社では関与しない部分にも関与するからです。 ちなみに、「禁断のブランディング」は、株式会社ベレネッツの25年以上にわたる企業ブランディングの経験をもとに作り出 ...

ReadMore

ブランディング

時短ブランディングの簡単な解説

2023/7/6

ブランディングという言葉はなんとなく知っていても、さまざまな疑問が浮かんできませんか?時短ブランディングは全てのあなたのブランディングの概念を変えるものです。 ブランディングに関して、よくある言われることは・・ ・ブランディング実行には時間がかかる ・ブランディングはイメージアップを行うもの ・ブランディングはネーミングを変えたり、ロゴを新たにすること ・MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を構築するもの ・ブランディングを行なっても業績に効果が出るわけではない ・そもそもブランディングを行なって何か ...

ReadMore

会社の知名度が低い

認知度向上

【クイズ】あなたの会社の知名度が低い場合どうする?

2022/10/31

①自社でPR施策を考える ②広告代理店などプロに頼む ③商品さえ良ければ知名度を上がるので頑張る ④社名・ロゴの変更でリブランディングをする ⑤自分達でやり方を学び進める 答えは画像に記載のあるように「⑤自分達でやり方を学び進める」です。 その前になぜ他の答えが間違いか、説明します。 ①自社でPR施策を考える ↓ PRという観点自体が間違っています。 知名度アップ≠PRをすること です。 つまり、PRをいくら頑張っても「あるもの」が 欠けているのであなたの会社の知名度は一向に 上がりません。 ②広告代理店 ...

ReadMore

値引き戦略と体験価値

売り上げ・利益アップ 集客向上

値引きは、あなたの会社の「価値を下げる」行為。 ではすべきことは?

2022/10/4

売れなくなると値引き、 顧客が迷っていると値引き、 スタートダッシュが弱いと値引き、 とにかく何かにかこつけて値引きをしようとする会社は少なくありません。   出精割引とか、望んでもないのに勝手に入れる見積書もあります。   あなたの会社も値引き、割引、常識のようにやっていませんか。 それ会社の価値を下げるのです。   冷静に考えてみてください。 見積書が325万円だったとします。 出精割引25万で300万円と書いてあったどう思いますか?   ・・・最初から300万 ...

ReadMore

体験価値とブランディング

認知度向上 集客向上

見込み客へ事前にあなたの会社を「体感させる」方法

2022/9/18

会社や商品・サービスの認知度を上げたい、と思っている方は多いです。   その中でもベレネッツに問い合わせがあるのはほとんど ・自社の商品がライバル商品に比べて認知度がない ・自社のサービスが認知度でライバルに負けている という商材の認知度なのです。   逆に会社の認知度は、と言えば、 ・これから新規上場するので今のうちに認知度を上げたい ・商品/サービスばかり有名になってしまって会社自体知られていない というものです。   焦りますよね。 負けているのが体感できてしまうので。 ...

ReadMore

ブランディング予算

ブランディング

ブランディングの予算がない場合の企業の代替案

2022/9/5

ブランディングをやりたい、でも年間予算に計上していなくて、かつ、補正予算も組めない。 そのような相談を企業からよく受けます。   せっかくなら社内でプロジェクトチームを組んで、余裕を持って進めたいですよね。 しかも記事で何回も伝えているように「ブランディングは資産」になり、「利子」生活ができるくらい強力な武器になりますから。 (ロゴや社名を変えたり、イメージチェンジをするようなことは本当のブランディングではないです。念の為)   さて、予算がない場合のブランディングの代替案ですが、今日 ...

ReadMore

成約率

ブランディング 集客向上

どう集客するか、が最初に解決すべき悩みという「間違い」

2022/8/24

Facebook見ていても、インスタ見ていても、youtube見ていても、ものすごく多くの「集客の悩み解決します」系の広告が出てきます。   また登録しているメルマガでも「集客の悩み解決します」「***を使って集客できる方法をセミナーしまう」などなど   企業にとって、一番やるべきことは「集客の悩み解決」だとは思わないのですが。   なにも集客メソッドを広告しているところをディスっている訳ではありません。 現実に弊社ベレネッツでも非常に多くの集客手法あります(笑) &nbsp ...

ReadMore

新規集客

売り上げ・利益アップ

売上が固定客のみ。そんなマズイ状態を脱するには?

2022/8/17

毎月毎月、固定客からの売上で成り立っている 毎月毎月、ルートセールスで顧客先への顔出しが重要 毎月毎月、やらねばと思っていても、既存顧客中心に経営が回っていく。。   わかります。 特に中小企業であれば、既存顧客こそ重要だという理屈も。 もし「お得意さん」がいなくなれば経営が瓦解しますから。。 それでなくても不安ですよね。   ブランディングセミナーをやっていて、非常に多く聞くのが 新規集客することで「既存顧客をおろそかにできない」ということです。   新規集客すると既存顧客 ...

ReadMore

Copyright© 禁断のブランディングブログ:今までにない顧客体験を生み出せ , 2024 All Rights Reserved.