WEBマーケティング

検索結果のクリック率は年々低下している? あなたが知らないリアル

投稿日:

現代人なら1日に1回は必ずインターネットで何かしら検索をしていると思います。
実際にGoogleにおける検索回数は大幅に増加しています。
しかし、実はその検索結果の裏側にはWEB担当者として、あなたが知らないリアルがあるのです。

クリック率が低下している?


著名なWEBマーケターであるランド・フィッシュキン氏がWEBサイトの分析結果から
クリック率が低下しているのではないかという疑問を抱きました。

そこでさらにデータを分析してみると有名人の名前、会社名、観光地、映画の名前など
特定のキーワードで検索結果に表示されたページのクリック率が低下していることが分かったのです。

どうしてクリック率が低下しているのでしょうか?

感のいい人ならわかるかもしれませんが、これは強調スニペットによるものです。
強調スニペットとは特定の情報についてGoogleが検索結果上に表示する機能です。

例えば、芸能人の名前などで検索すると年齢・生年月日・出演作品などの情報が
カードにまとめられて表示されると思います。これが強調スニペットです。

検索結果のうち50%はクリックされない

さらにフィッシュキン氏は独自に4000万件以上の検索データを独自に収集しました。
そのデータを分析してみたところなんと検索結果の50%が
クリックされていなかったことがわかりました。

50%というと実に検索の2回に1回しか検索結果がクリックされないのです。

この事実に対して驚く人も多いかもしれませんが最近では強調スニペットが
表示される機会が増えてきており、当然といえば当然の結果であるのです。

一方で広告のクリックは3倍に

一方でGoogleが提供しているGoogle広告のクリック数は3倍に増えているそうです。
今年の春に広告の表示が広告と自然検索結果の見分けがつきにくいものに
変更されたのが大きな要因だと思われます。

Googleにとって広告収入は主要な収入源ですので、
今後も広告がよりクリックされやすい検索結果に改変される可能性があると思います。

今後もこの流れは加速する


あなたはGoogleの最大のミッションをご存じでしょうか?

それは人々の疑問に対して最適な回答を素早く提供することです。
このミッションを達成するためGoogleは日夜研究し、
検索エンジンのアルゴリズムをアップデートするのです。

ということは「検索結果をいちいちチェックして自分の求めている情報が
載ってそうなページを探す」という手間をユーザーに取らせるのはGoogleにとっては
解決しなければいけない課題の一つになります。

その課題のソリューションとしてGoogleは強調スニペットを導入し始めているので今後、
この流れは加速する可能性があると思われます。

つまり、ますます検索結果がクリックされなくなってしまうのです。

どうすればクリックされるのか?

どんなに頑張ってページを上位表示されたとしてもクリックされなければ意味がありません。
では、どうすればクリックされるのでしょうか。

強調スニペットは必ずページの最上部に表示されるので今までのSEO対策やタイトル、
ディスクリプションの見直しではどうすることもできません。

強調スニペットに対抗するには自分のWEBサイト上のコンテンツが強調スニペットに
乗るようにするのがベストです。
また、強調スニペットが表示されないようなキーワードでSEO対策を行うのも手段の一つ
だと思われます。

このようにこれからのWEBマーケティングはますます難易度が上がっていきます。
難易度が高くなるとより高度な分析が必要となります。

そこで弊社でも導入しているセッションカムがおすすめです。
WEBページがどこまで読まれているかわかるヒートマップ、そしてユーザーの行動が
視覚的にわかるセッションリプレイ機能など複雑化するWEBマーケティングに役立つ機能が
盛りだくさんです。

セッションカムは無料で2か月間お試し頂けます。ぜひ、以下のリンクから一度お試しください。

フロントページ

-WEBマーケティング

Copyright© NINCHY:すぐ効果の出る手法をまとめた認知度向上メディア , 2019 All Rights Reserved.