営業活動とブランディング

売り上げ・利益アップ 経営役立ち情報

業績を上げる仕組みはMAですか?と聞かれました。

投稿日:2020-01-20 更新日:

From 代表・平松

ベレネッツ代表の平松です。

年明けから病気になってしまい、正月から数日間寝込んでしまいました。
おせち料理も雑煮も何も食べられない状態って辛いですね。
病院が開いていない時に病気になるのも大変だと痛感しました。

今日は認知度向上でもなく、ブランディングでもない話です。

“営業活動が成功”とはどのようになることでしょうか。

会社によっては商品・サービスが売れること、成約することが「営業活動が成功」というかもしれません。

また、コンサルティング系の会社では見込み客が獲得できることが(結果的に成約まで時間がかかるので)「営業活動が成功」というかもしれません。

もしくは、ネット系の会社であれば、見込み客がメールのリンクをクリックしてくれる=興味あるというアクションをしてくれる、ということが「営業活動が成功」というかもしれません。

いずれにしてもどれだけAI時代になっても、どれだけ通信環境が発展しても、MA(マーケティング・オートメーション)がどんどんリリースされてもなくならないのが、「営業活動を頑張る」という行為です。

よく「ベレネッツさんのブランディング後の業績を上げるマーケティング部分はMA使うのですか?」と聞かれますが、「一部に利用する場合もあれば、全く利用しない場合もある」という答えです。

MAだけで企業の業績が全部上がったら、そんな楽なことはないですよね?

キーポイントはアナログ的なことの改善なのです。

わかりやすく説明するために、当社の顧客企業の多くに”インストール”するものの一部を紹介します。

・顧客の体験価値の見える化
・顧客とのあらゆる接点の見える化
・上記あらゆる接点での言葉/行動の洗い出し
・その言葉/行動に”見込み客が能動的に近く”メソッドのインストール
・上記あらゆる接点での顧客体験の変化メソッドインストール
・動かない見込み客を動かすメソッドインストール

え?なんかITっぽいものがないですか?
と言われそうですが。

ITっぽいものは今までのメルマガで散々述べてきたように、効率性・生産性が上がるITの仕組みは元々徹底的に導入する方です。

しかしながら、重要であり、根本的なことは「言葉」や「顧客体験」を変えることなのです。

たったこれだけで劇的にビジネスが変わるところも多いのですよ。
つまり「営業活動が成功」ということです。

-売り上げ・利益アップ, 経営役立ち情報
-, , , , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2020 All Rights Reserved.