ブランディングが必要な会社とは?

ブランディングが必要な会社とは?

貴社のお悩みは?
新規顧客が取れない。顧客獲得にお悩みの方
広告の効果がない。広告以外の手法をお探しの方

ブランディングが必要な会社とは?
どのような会社にブランド構築は必要なのか?

まずは「目的」を決めることが重要

実はブランディングをやりたい、という会社は少数なのです。

ブランディングの「先にある何らかの目的」の達成のためというのがほとんどで、そのうちの多くが「認知度向上のため」「知名度向上のため」というものです。

誤解が多く存在するブランディング

一方で、ブランディングには誤解があります。

ブランディング=ロゴを変えたり、新しいCI(コーポレート・アイデンティティ)を作ったりすることだと考えられていることもあります。

見栄えを変えることであなたのビジネスが劇的に変わることはありません。

認知度向上・知名度向上を目的とするのであれば、潜在的な顧客層がまずあなたの「会社」「商品」「サービス」もしくは何らかの「特色・特性・差別化要素など」に気付き、それがその顧客層の「解決につながる」ことを真っ先に理解できるようにすることなのです。

BtoC(一般顧客に販売する商品・サービス)のブランディング

例えば、ダイエットをしたい人がいるとします。
ここで、すぐにCMをたくさん出している会社を選びますか?
いえいえ、そのような動きはしません。

まずは自分の現在の悩みや欲求を頭の中でリストアップします。

  • 一刻も早く痩せたい
  • でもカラダには負担のない方法で痩せたい
  • 自分は飽き性なので、我慢しなくてもよいものがいい
  • 無理な食事制限は仕事上・家庭上無理

このような条件のかけ算をしながら、「痩せたい」という目的に合致した商品を絞り込んで行くのです。

つまり、有名なものを選ぶわけでも、デザイン的に目立つものを選ぶわけでもなく、自分の条件に合致していると「思われる」商品に行き着くのです。

あらかじめ認知度向上をしておき、「あなたがこのような悩みを持っているのであれば、その解決はこれがベストです」という浸透こそ、ブランディングなのです。

潜在顧客が気付き、最初から会社像・商品・サービス像などを理解してもらう。
非常に重要なことです。

BtoB(企業向けに販売する商品・サービス)のブランディング

対企業向けはさらにブランディングが重要になってきます。

なぜなら、顧客企業の担当者は

  • 商品知識もありブランドイメージに左右されない
  • 主観的ではなく客観的に「合理的な判断」を下す
  • 商品属性の優劣や最新の技術こそが商品価値という考えを持っている
  • 調達コストにはシビア
などのように難敵です。

このような会社の担当者(BtoBと言っても結局企業の担当者の集合体です)が、選択の根拠とするのがやはり、今抱えている問題や悩みの「解消」「解決」ができる会社・商品・サービスであるかどうか、なのです。

新幹線の駅に目立つ広告を出すことでもなく、ニュース番組にCMを打つことでもありません。

「解消」「解決」ができる会社・商品・サービスであるか、をあらかじめ浸透させる、もしくは悩みを持った企業担当者がネット検索したような時に、「解決できそう!」と思わせる仕組みがブランディングなのです。

経営問題も解決できるブランディング戦略

以下のような悩みがある場合、実はブランディングで解決できるのです。

【ブランディングで解決できる悩み】

  • BtoB企業(対企業取引が中心の会社)なので一般顧客の認知度がない
  • ずっと下請けが中心でどのように潜在顧客層にアピールするか分からない
  • 価格・料金競争に巻き込まれている
  • 外部から見て魅力が発信出来ていない
  • ネット上で悪口が書かれている
  • 広告の効果がない
  • 社長及び経営陣の力で発展してきた企業で面として戦えない
  • 新たな販売チャネルを作りたい
  • 「よい会社だと思うのに」人材が集まらない
  • 競合ばかりニュースに取り上げられる
  • 経営コンサルタントが過去に入ったが何が変わったのか実感できない
  • BtoB企業で既存顧客へのルート営業以外やったことがない
  • 企業として価格以外の付加価値を上げなければ勝負できない
  • IPO(新規上場)を目指しているので一般の認知度を高めたい
  • 技術系の会社で、外に発信するのが得意ではない

これらはいずれも経営コンサルティングや広告分野のような話しに聞こえますが、実はブランディングで最も解決できる課題なのです。

魔法のネタは実は「見える化」と「PDCA」

見える化(脚本づくり)+脚本に沿った攻撃

ここまで読んでいただいた方は、自社でブランディングが有効なことは分かっていただけたでしょう。

あなたの会社・商品・サービスが、潜在顧客の問題解決・悩み解消などにかなり効果的である、という気付きを与えること(見える化)がブランディングです。

弊社のブランディングの特色は、「見える化」=「脚本づくり」を行ったあとで、間髪を入れず非広告の手段でマーケティング(計数づくり)をすることです。

マーケティングを行うことで、必ず計数が現れます(認知度、売上、利益率、新規顧客獲得数・率、LTV、WEBサイトのアクセス数・滞在時間・直帰率・離脱率・CV、再訪問数、問合せ数、資料請求数etc)。
これらのデータを基に、さらに機会損失の解消をするのがマーケティングのPDCAなのです。

ブランディングで経営の成果を出す企業とは

弊社の累計の企業顧客数は600社。
弊社の顧客企業の売上高は10億〜1.5兆円(計数効果が最も見えやすいのは数10億〜数100億くらい)。様々な業種の企業があります。

この中のブランディング顧客で劇的な成果をだしている企業が多くあります。

成果を出せる理由は、非広告ブランディング(ベネフィットの潜在顧客への見える化+そのネタを使った計数効果の出るマーケティング)を必ずセットで実行しているからです。

逆に言えば、今このサイトを読んでいる企業は認知度もしくはその他の経営課題で困っている事と思います。
その根本的な原因は、自社の持つベネフィット(提供価値)の見える化ができていないからだと考えます。

お問い合わせ・ご訪問予約

経営に計数効果をもたらすブランディング。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
すぐに役立つコンテンツダウンロード

当社のブランディングなしでも活用できるノウハウ
ダウンロードいただけます。

コンテンツダウンロードはこちら

メルマガ購読

「今日から使えるブランディング/マーケティング手法」(週1回配信)をメールマガジンで配信しています。

お名前・メールアドレスのご登録をお願いします。
入力に誤りがあるとメルマガをお届けできなくなる場合がございます。
お間違えのないようご記入ください。


PAGE TOP