TOP > ”禁断のブランディング”とは

Forbidden Branding

”禁断のブランディング”とは

Forbidden Branding

”禁断のブランディング”とは

あなたが発信する情報が、もしかしたら見過ごされているかもしれません

現代の私たちは、1日に江戸時代の一生分に匹敵する情報に触れていると言われています。この情報の洪水の中で、人間の脳は不要な情報を自動的に排除し、重要な情報だけを選び取って処理しています。つまり、あなたからの情報も、残念ながら「捨てられる側」になっている可能性があります。

では、情報過多の現代において、どのようにして自社のブランドや商品・サービスを際立たせ、顧客の心に刻み込むことができるのでしょうか?

あなたの会社の苦境を救う答えは「禁断のブランディング」に

「禁断のブランディング」とは、通常のブランディング手法を超えて、人々の心理的トリガーに直接訴えかけることで、顧客の心に強烈な印象を残す手法です。
この手法は、他のブランディング手法では得られないような強烈な印象や興味を引き起こすことができます。

「禁断の」という言葉が示すように、この手法は企業にとってのタブーを犯すものではありませんし、ダークサイドに走るものでもありません。
私たちが「禁断の」という言葉を使うのは、この手法が人々の深層心理に訴えかけ、他の手法では得られないような強烈な印象や興味を引き出す非常に効果的な手法だからです。

20年以上、企業ブランディングとデジタルマーケティングを行ってきた当社だからこそ、網出せた考え方。それが禁断のブランディングです。

Special Articles

特 集

すぐ何らか動きたいという方へ

上部へスクロール