TOP > 【基礎】企業ブランディング > 初めての企業ブランディング > 【2024年度版】大阪でのブランディングの依頼方法・会社の選び方

【2024年度版】大阪でのブランディングの依頼方法・会社の選び方

このページを読んでいるということは、あなたの会社は「大阪」もしくは「大阪近郊」にあり、「ブランディング会社」を探しているということでしょう。

単純にブランディング会社と言っても多種多様です。しかもそれぞれ得意分野があります。

またそもそもあなたの会社が持つ悩みをブランディングによって正しく解決に持っていくようなブランディング会社でなければなりません。

あなたは今、日々の激しいライバルとの競争の中で自社の存在感を示すことに苦心されていませんか? もしくは良い製品やサービスを持っていると自負しているにも関わらず、顧客になかなか気づかれない状態ではありませんか?そもそも製品とかサービスでライバルと戦う前に、人材獲得で苦戦している状態かもしれません。

2024年の今、市場やビジネス環境は目まぐるしく変化し、顧客の期待、求職者の期待も高度化しています。こうした状況下で、効果的なブランディングの重要性はかつてないほど高まっていることを今一度考えるべきタイミングなのです。

大阪の企業が直面するブランディングの課題は多岐にわたります。東京一極集中の経済構造の中で、いかに独自の価値を発信し、存在感を示すか。地域に根ざしたビジネスを展開しながら、いかにグローバル市場に打って出るか。伝統と革新をどのようにバランスよく融合させるか。これらの課題に対処するには、戦略的で一貫性のあるブランディングが不可欠です。

ブランディングはロゴを作ったり、社名を変えたり、社名連呼のCMを打ったりする単なる表面的なイメージ戦略ではありません。それは企業の本質的な価値(顧客に対するベネフィットや顧客が必要としている体験価値)を明確にし、顧客や社会に対して一貫したメッセージを発信し続けるプロセスです。効果的なブランディングは、市場での認知度向上、競合他社との差別化、顧客ロイヤルティの強化など、多面的な効果をもたらします。さらに、優秀な人材の採用や定着にも大きく寄与します。

さらに後で説明するようなブランディングでもエッジの効いた「禁断のブランディング」や「時短ブランディング」では、顧客があなたの会社・製品・サービスに対して、全く今までとは違う、顧客から気づかれなかったり、見過ごされていた価値を感じてもらうことができたり(禁断のブランディング)、短期間であなたの会社にマイナスになる顧客側の思い込みを変えることができます(時短ブランディング)

しかし、ブランディングの重要性を理解していても、具体的にどのように進めればよいのか悩む経営者も少なくありません。それが今検索してこのページに辿り着いたあなたかもしれません。

特に大阪という独特の商業文化を持つ地域で、どのようにブランディングを展開すべきか。また、どのようなブランディング会社を選び、どのように依頼すればよいのか。

以降のコンテンツでは、これらの疑問に答えるべく、大阪企業のためのブランディング戦略と、ブランディング会社の選び方、依頼方法について詳しく解説していきます。まずは、大阪の企業特有のブランディング課題について、より深く掘り下げていきましょう。

大阪の企業特有のブランディング課題

大阪のブランディング会社

大阪の企業は、独自の商業文化と進取の気性を持ちながら、さまざまな「ブランディング課題」に直面していると考えています。これらの課題を理解し、適切に対処することが、効果的なブランド戦略の鍵となります。

まず、東京中心の経済構造における存在感の確立が挙げられます。多くの大企業や情報メディアが東京に集中する中、大阪の企業がいかに自社の価値を全国に発信し、認知度を高めるかが課題となっています。大阪本社の会社ではこの部分で不利になると考える方がいらっしゃいますが、それは間違いです。大阪の地域性を活かしつつ、全国規模で通用するブランドイメージの構築が求められますが、大阪に存在するが上での「ベネフィット」や東京圏とは異なった「革新性」を前面に打ち出しながら、全国の顧客にも響くメッセージを発信することができるのです。

次に、地域密着型ビジネスとグローバル展開のバランスが課題となっています。大阪は古くから「天下の台所」と呼ばれ、地域に根ざした商業が発展してきました。しかし、経済のグローバル化が進む現代では、海外市場への進出も不可欠です。地元の顧客との強い絆を維持しながら、いかにグローバルな視点を取り入れ、海外市場でも通用するブランドを確立するか。この二律背反的な課題に対処するには、地域性とグローバル性を巧みに融合させたブランド戦略が必要不可欠です。

人口減から経済が縮小している日本を飛び越えて、海外向けのブランディングを成功させることは夢物語ではありません。

弊社の顧客でも横浜の工場が独自ブランドで海外から支持されていたり、名古屋の機械メーカーが最初に海外で人気に火がつき、結果的に日本に人気の逆輸入になった例もあります。

さらに、伝統と革新の両立も大きな課題です。大阪には長い歴史を持つ老舗企業が多く存在し、その伝統や技術は貴重な資産です。一方で、急速に変化する市場環境に適応するには、革新的なアプローチも欠かせません。伝統的な価値観や技術を大切にしながら、いかに新しい価値を創造し、時代のニーズに応えていくか。このバランスを取ることが、持続可能な成長を実現する上で重要な課題となっています。

これが単純にブランド名連呼のPRではダメなのです。ましてや、漢字だった会社名を今風にカタカナにしたところで「本質」の部分は顧客に全く伝わりません。

これらの課題に対処するためには、自社の強みを深く理解し、それを効果的に伝えるブランディング戦略が必要です。次章では、具体的なブランディングニーズの明確化について詳しく見ていきましょう。自社の課題を的確に把握することが、効果的なブランディングの第一歩となるのです。

ブランディングニーズの明確化

効果的なブランディング戦略を構築するには、自社に対するニーズ(製品・サービスも含めて)を正確に把握することが不可欠です。大阪の企業が直面する主なブランディングニーズを以下に詳しく見ていきましょう。

  • 市場での認知度向上

市場での認知度向上は、多くの企業にとって最優先課題です。特に、東京中心のメディア環境において、大阪の企業が全国的な知名度を獲得するのは容易ではありません。しかし、独自の商品やサービス、ビジネスモデルを持つ企業にとって、認知度の向上は成長への第一歩となります。例えば、ユニークな製品開発ストーリー(ベレネッツのブランディングでは物語性と言います)を積極的に発信したり、業界の常識からすると「非常識」(ただし人の気分を損ねるようなことではない)に感じ衝撃を与えるような情報を発信すること(ベレネッツのブランディングでは衝撃性と言います)で、スピーディに認知度を高めていくことができます。

  • 競合との差別化

競合他社との差別化も重要なニーズです。類似した製品やサービスが溢れる市場で、いかに自社の独自性を打ち出すかが鍵となります。大阪の企業の強みである「顧客との濃い関係性」や「機動性」や「コスト意識」を前面に押し出すことで、他社との違いを明確にできるでしょう。また、会社や業界の中で非常にユニークな取り組みを発信したり(ベレネッツのブランディングでは物語性と言います)することも効果的です。

  • 顧客ロイヤルティの強化

顧客ロイヤルティの強化は、持続可能な成長を実現する上で欠かせません。一度獲得した顧客との関係を深め、リピーターとして定着させることが重要です。大阪の企業特有の「深い人間的な関係性」を活かしたカスタマーサービスや、地域に根ざしたコミュニティ作りなどが、ロイヤルティ強化につながります。

また顧客があなたの会社ではならない理由を浸透させることで顧客のロイヤルティは格段に変化して行きます(ベレネッツのブランディングでは必然性と言います)

  • デジタルプレゼンスの改善

デジタルプレゼンスの改善は、現代のビジネス環境において不可欠です。WEBサイトや動画・SNSを通じて、自社の魅力を効果的に発信することが求められます。大阪の企業の中には、デジタル戦略に遅れをとっているケースも見られますが、オンラインでの存在感を高めることで、新たな顧客層の開拓や、グローバル市場への展開が可能になります。

今、現代人は文章を読みません(今のあなたの逆です!)。その代わり、動画やSNSから情報を取得して行きます。効果的なデジタルマーケティングでデジタル上でのあなたの会社の存在感を強める必要があります。これはBtoC企業ばかりでなく、BtoB企業でも必須の取り組みです。

  • 人材採用・定着への活用

最後に、人材採用・定着への活用も重要なニーズです。優秀な人材の確保は、企業の成長に直結します。強力なブランドイメージは、求職者にとって魅力的な要素となり、採用活動を有利に進めることができます。また、従業員のブランドへの共感は、長期的な定着にもつながります。

これらのニーズを的確に把握し、優先順位をつけることで、効果的なブランディング戦略の基盤が形成されます。次章では、これらのニーズに応えるブランディング会社を、大阪でどのように選ぶべきか、具体的なポイントを解説していきます。

大阪でのブランディング会社選びのポイント

適切なブランディング会社を選ぶことは、あなたの会社の目標に到達するための重要な一歩です。大阪の企業が考慮すべき主なポイントを詳しく見ていきましょう。

まず、大阪・関西圏での実績と理解は不可欠です。地域の商習慣や文化を深く理解している会社は、大阪企業の強みを効果的に引き出せるでしょう。また実際に大阪に在住している地元の担当者がいることも重要です。ブランディング会社で時々「営業担当者は大阪在住の者」、「ブランディング戦略の企画部分は東京の担当者」というところもあります。まずは地元のブランディング戦略担当がいる会社を選びましょう。

→当社ベレネッツは、滋賀出身・大阪在住のブランディング・ストラテジストが在籍しております。

一方で、グローバル展開のノウハウも重要な選択基準です。大阪の企業が世界に羽ばたくためには、国際的な視点を持つブランディング会社のサポートが必要です。海外市場での経験や、多言語でのブランド展開の実績がある会社を探しましょう。

→当社ベレネッツは、日本→海外のブランディング実績もあり、逆に海外の企業の日本進出のブランディングも実績があります。

デジタルマーケティングの専門性も見逃せません。オンラインでの存在感が重要性を増す中、WEBサイトやSNSを効果的に活用できる会社を選ぶことが大切です。SEO対策やコンテンツマーケティングなど、最新のデジタル戦略に精通しているかどうかを確認しましょう。

→当社ベレネッツは、WEBブランディング、デジタルマーケティング、SEOはもちろんのこと、ハイパフォーマンス評価のつくWEB広告運用や、AI活用も非常に得意としております。(1990年からデジタルマーケティング事業を行っています)

費用対効果の透明性も重要な判断基準です。イメージアップとは計算できないものです。そのような観点よりも、何をKPIにして、どのように投資対効果を考えていくかという部分を話せるようなブランディング会社を選ぶべきです。ブランディング会社には、具体的な数値目標や成果指標を提示してもらい、その達成度を定期的に報告する体制が整っているかを確認しましょう。

→当社ベレネッツは、なんらかの数値的な成果を出すためにブランディング戦略を考えます。適切な投資額がわかるような説明を事前にしっかりしております。

企業文化や価値観の理解度も見逃せないポイントです。大阪の企業には独自の社風や理念があります。これらを深く理解し、尊重してくれる会社を選ぶことで、より自社の本質に迫るブランディングが可能になります。初回の打ち合わせで、自社の理念や価値観をどれだけ理解してくれるかを見極めることが大切です。

→当社ベレネッツは、上述のように大阪在住の担当者がおりますので、ご安心ください。

最後に、柔軟なサービス提供体制も重要です。大阪の企業は機動的な意思決定で知られています。ブランディング会社も同様に、市場の変化や企業のニーズに迅速に対応できる体制を持っているかを確認しましょう。

これらのポイントを総合的に評価し、自社に最適なブランディング会社を選ぶことが、成功への近道となります。次章では、選んだブランディング会社への具体的な依頼プロセスについて解説していきます。適切なパートナーを見つけ、効果的な協力関係を築くことで、大阪の企業ブランドは新たな高みへと到達できるはずです。

ブランディング会社への依頼プロセス

適切なブランディング会社を選んだ後は、効果的な依頼プロセスを踏むことが重要です。以下に、大阪の企業がブランディング会社と協働する際の主要なステップを詳しく解説します。

初期相談とニーズのすり合わせは、プロジェクトの成功を左右する重要な段階です。この段階では、自社の現状や課題、目指すべきブランドイメージを明確に伝えることが大切です。例えば、「大阪発のこの機械を全国に広めたい」「B2B企業としての認知度を高めたい」といった具体的な目標を示しましょう。ブランディング会社側も、これらの情報を基に、初期的なアイデアや戦略の方向性を提示するはずです。この過程で、会社との相性や専門性を見極めることができます。

次に、提案依頼と比較検討の段階に移ります。複数の会社から具体的な提案を受け、それらを慎重に比較検討することをお勧めします。提案内容だけでなく、プレゼンテーションの質や、質問への対応力なども重要な判断材料となります。大阪企業特有の課題にどれだけ踏み込んだ提案がなされているか、また、提案内容が自社の理念や価値観とどれだけ整合しているかを見極めましょう。

契約条件の確認は、後々のトラブルを防ぐ上で非常に重要です。費用体系、プロジェクトの範囲、納期、知的財産権の帰属など、細部にわたって確認が必要です。大阪の企業文化に根ざした「言葉よりも文書」の精神で、契約内容を明確に文書化することをお勧めします。また、途中段階での見直しや解約条件なども、あらかじめ明確にしておくことが大切です。

最後に、プロジェクト開始とマイルストーンの設定です。キックオフミーティングでは、プロジェクトの全体像や目標を再確認し、チーム全体で共有します。そして、具体的なマイルストーンを設定します。例えば、「3ヶ月後にブランドコンセプトの確定」「6ヶ月後に浸透戦略のスタート」といった具合です。これらの中間目標を設定することで、プロジェクトの進捗を管理しやすくなり、必要に応じて軌道修正も可能になります。

このプロセスを通じて、ブランディング会社と緊密なパートナーシップを築くことができます。大阪の企業の特性である「フットワークの軽さ」を活かし、必要に応じて柔軟に対応しながら、プロジェクトを進めていくことが成功への近道となるでしょう。

以上がブランディングを進める上での一般的なプロセスですが、ベレネッツの場合のプロセスも解説します。

まず最初に初回面談を行い、隠れた価値を見つける「禁断のブランディング」にするのか、企業に対してマイナスになる顧客の思い込みや認識を変える「時短ブランディング」にするのかを決めます。

その後、詳細なご提案書をお出しし、ブランディングを進めていくことになります。

次章では、効果的なブランディング手法(禁断のブランディングと時短ブランディング)について、具体的な事例を交えながら解説していきます。大阪企業の強みを最大限に活かすブランディング戦略の実践方法を探っていきましょう。

効果的なブランディング手法

大阪企業のブランディングを成功に導くためには、効果的な手法の選択が重要です。ここでは、ベレネッツが提供する革新的なブランディング手法について詳しく解説します。

「禁断のブランディング」の概要と利点

「禁断のブランディング」は、企業や製品・サービスの隠れた価値を発見し、再構築するベレネッツ独自の手法です。この手法の特徴は、T.R.U.S.T.理論を用いて、企業の本質的な価値を多角的に評価し、引き出すことにあります。

利点:

1. 競合他社との差別化:隠れた価値を発見することで、独自のポジショニングを確立できます。

2. 顧客との深い絆:企業の本質的な価値を伝えることで、情緒的なつながりを構築できます。

3. 長期的な成長:一時的なイメージアップではなく、持続可能なブランド価値を創造します。

「時短ブランディング」の特徴と適用シーン

「時短ブランディング」は、顧客の認識(belief)を短期間で変えることに焦点を当てた手法です。既存の製品やサービスを大きく変更せずに、顧客の思い込みを変えることで、ブランド価値を高めます。

特徴:

1. スピード:従来のブランディングよりも短期間で成果が出せます。

2. 効率性:既存の資産を活用するため、コスト効率が高いです。

3. 柔軟性:市場の変化に迅速に対応できます。

適用シーン:

– 新規参入市場での認知度向上が必要な場合

– 競合との差別化が急務の場合

– リブランディングを検討しているが、時間やリソースに制約がある場合

T.R.U.S.T.理論の活用方法

T.R.U.S.T.理論は、Transparency(透明性)、Remarkability(衝撃性)、Uniqueness(独自性)、Significance(必然性)、Tale(物語性)の5要素からなるブランド評価・構築のフレームワークです。

活用方法:

1. ブランド診断:現状のブランド力を5要素で評価し、強みと弱みを明確にします。

2. 戦略立案:弱い要素を強化し、強い要素をさらに伸ばす戦略を立てます。

3. メッセージ設計:5要素を意識したブランドメッセージを作成します。

4. 実行とモニタリング:各要素の改善状況を定期的に確認し、必要に応じて戦略を調整します。

T.R.U.S.T.理論を活用することで、大阪企業は体系的かつ効果的にブランディングを進めることができます。例えば、「透明性」を高めることで、「その企業特有の強み・差別化要素に共感したい」という価値観に応えられます。また、「物語性」を強化することで、創業や企業の苦難の道のり、発展するまでの波乱万丈、経営者ストーリーなどのブランドストーリーを構築できるでしょう。

これらの手法を適切に組み合わせることで、大阪企業は効果的かつ効率的にブランディングを実施できます。ブランディング会社と協力して、自社に最適な手法を選択し、大阪の地で強力なブランドを構築していきましょう。

大阪の企業におけるブランディングの重要性

大阪の企業におけるブランディングの重要性は、2024年の現在、かつてないほど高まっています。本文で解説してきたように、効果的なブランディングは単なるロゴやイメージの刷新ではなく、企業の本質的な価値を明確にし、市場での存在感を高める重要な経営戦略です。

大阪企業が直面する特有の課題、例えば東京一極集中の経済構造における存在感の確立、地域密着型ビジネスとグローバル展開のバランス、そして伝統と革新の両立などに対処するには、戦略的で一貫性のあるブランディングが不可欠です。これらの課題は、単純なPRや社名変更では解決できません。

効果的なブランディングは、市場での認知度向上、競合他社との差別化、顧客ロイヤルティの強化など、多面的な効果をもたらします。さらに、優秀な人材の採用や定着にも大きく寄与します。特に、「禁断のブランディング」や「時短ブランディング」といった革新的な手法を用いることで、顧客に新たな価値を感じてもらったり、短期間で企業にマイナスになる顧客の思い込みを変えたりすることができます。

大阪企業がブランディングを成功させるためには、適切なブランディング会社の選択が重要です。大阪・関西圏での実績と理解、グローバル展開のノウハウ、デジタルマーケティングの専門性、費用対効果の透明性、企業文化や価値観の理解度、柔軟なサービス提供体制などが選択の際の重要なポイントとなります。

また、ブランディングプロセスにおいては、初期相談とニーズのすり合わせ、提案依頼と比較検討、契約条件の確認、プロジェクト開始とマイルストーンの設定など、各段階で慎重な対応が必要です。

最後に、T.R.U.S.T.理論を活用することで、大阪企業は体系的かつ効果的にブランディングを進めることができます。この理論は、透明性、衝撃性、独自性、必然性、物語性の5要素からなり、これらを適切に組み合わせることで、大阪の特性を活かした強力なブランドを構築できます。

大阪の企業の皆様、これらの点を踏まえ、自社の真の価値を再発見し、効果的なブランディングを通じて市場での存在感を高めていくことが、今後の成長と成功の鍵となるでしょう。

無名な会社のための「伝わる言葉」を作る方法:1on1セミナー

今すぐ無料相談する企業が使える無料メニュー
著者・文責 (Author / Responsible for the text)

平松誠一 (Seiichi Hiramatsu)

NTTドコモ出身。在籍時は一貫して広告宣伝・マーケティングに携わる。 1996年NTTドコモを退社。独立後の現在、企業ブランディング支援会社の株式会社ベレネッツの代表取締役。
ドコモ時代は、その潤沢な広告予算で業界TOPを突き進むことができると思っていたところ、はるかに広告投資額の少ないNCC(新たに参入してきた携帯電話、ポケットベル業者)にボロ負けし、その結果から「これからの時代、ブランドの支持を得るには押し込むようなPUSH的戦術やマス媒体での広告戦術は効果なし」との認識を持つ。
以降はこれらの手法を反面教師とし、「引き寄せる」+「再現性のある」ブランディング+マーケティング事業に25年間以上携わっている。
重要なことは、ブランディングはロゴを作ったり、イメージチェンジをすることではなく、ターゲット層に刺さる認識を構築することだと考える。

Useful Contents

お役立ちコンテンツ

すぐ動きたいという方への無料サービス

上部へスクロール