売上を上げたい

売上を上げたい、なかなか売上が上がらない、という悩みを解決したい方へ

成果責任を負う、というプロモーション会社が他にありますか?

ベレネッツの手法

ベレネッツの非広告ブランディングの主要な目的の1つとして、
非広告ブランディングという手段を使った販売促進という役割があります。

短く言えば、「非広告手段を使った販促」会社ということです。

ちなみにベレネッツはコンサルティング会社ではありません。
コンサルティングとは、指導する・アドバイスする、という意味です。

実際に顧客企業と組んで販促部分を企画〜構築〜運用〜成果出し〜PDCAまで行っていきます。
しかもベレネッツの場合、成果責任まで関与します。

貴社の問題点・命題の見える化の対面ディスカッション(無料)を申し込む

他社との比較

広告代理店、WEB制作会社などと違うポイント

どの道にもプロがいます。
あなたの会社にも開発部門のプロがいたり、営業部門のプロがいたり、経理部門のプロがいると思います。
社長、取締役陣などの経営陣であれば、組織運営のプロだと言えます。

しかしながら、例えばあなたの会社が製造メーカーだったとしましょう。
自社で一から最終製品まで完成できますか?

そのような時、JV(ジョイントベンチャー)と組んで、新しい製品向けの素材開発をしませんか?

別の例であれば、
例えば、あなたの会社が事業を他社に売却したいと思います。
その事業自体のデューデリジェンス(有形・無形の資産価値を数字で適性に評価すること)ができますか?

そのような時、企業のM&Aを専門としている公認会計士チームに依頼しませんか?

同じ事です。

あなたの会社が「売上が上がらない」「売上が低迷している」などの問題を抱えているのは、自社で全部やろうとしているからです。もしくは外部の依頼先を間違えているということも言えます。

最終の契約や販売は、あなたの会社にプロがいるはずです。
そこに至る前には、気付き→認知→検討→契約などの様々なステップがあります。
集客から始まる販促のステップにもプロがいます。

その力を活用するというのが、今上記の悩みを持っている会社には必然なのです。

貴社の問題点・命題の見える化の対面ディスカッション(無料)を申し込む

弊社の代表はコンサル嫌いで、という言葉

弊社の代表はコンサル嫌いで、という言葉をよく聞きます。

弊社はコンサルティング会社ではないので気に留めませんが、
この「弊社の代表はコンサル嫌いなのです」=「他社に頼りたくない」という意識が出ている会社が多いようです。

今どき、自社の事業ドメイン以外のところまで全部自社単独でやりきる、なんて聞いたことがありません。

日本の大手企業でさえも、プロモーションはA社、WEBマーケティングはB社と依頼しています。(トヨタ自動車や、弊社代表のいたNTTドコモなど)

これは、このような大手企業が「お金を持っているから」ではありません。
販促には販促のプロがいるので、プロに依頼した方が成果が出るのです。

自社で全部出来る、自社では営業マンがいるから必要ない、などは幻想です。

プロフェッショナル領域を持った他社と共同で売上アップしていく。
これがあなたの会社の取るべき道だと思います。

貴社の問題点・命題の見える化の対面ディスカッション(無料)を申し込む
貴社のためだけに行う無料ブランディングセミナーのお申込みはこちら

著者・文責 (Author / Responsible for the text)

平松誠一 (Seiichi Hiramatsu)

NTTドコモ出身。在籍時は一貫して広告宣伝・マーケティングに携わる。 1996年NTTドコモを退社。独立後の現在、企業ブランディング支援会社の株式会社ベレネッツの代表取締役。
ドコモ時代は、その潤沢な広告予算で業界TOPを突き進むことができると思っていたところ、はるかに広告投資額の少ないNCC(新たに参入してきた携帯電話、ポケットベル業者)にボロ負けし、その結果から「これからの時代、ブランドの支持を得るには押し込むようなPUSH的戦術やマス媒体での広告戦術は効果なし」との認識を持つ。
以降はこれらの手法を反面教師とし、「引き寄せる」+「再現性のある」ブランディング+マーケティング事業に25年間以上携わっている。
重要なことは、ブランディングはロゴを作ったり、イメージチェンジをすることではなく、ターゲット層に刺さる認識を構築することだと考える。

Useful Contents

お役立ちコンテンツ

すぐ動きたいという方への無料サービス

上部へスクロール