TOP > 【基礎】企業ブランディング > 知名度・認知度を高めたい > 【要約版】会社の知名度を上げる方法を解説(BtoBと BtoC向け)

【要約版】会社の知名度を上げる方法を解説(BtoBと BtoC向け)

新入社員くん、会社の知名度を上げることの重要性について理解しているかな?

はい、会社の知名度が低いと、営業や採用などのチャンスを逃してしまうと聞きました。でも、具体的にどうすれば知名度を上げられるのかはよく分かりません。

そうだね。知名度向上には、短期的と長期的の2種類の施策があるんだ。まずはBtoCとBtoBで違いがあるから、それぞれ見ていこう。

BtoCの企業では、どのような短期的な施策が効果的なのでしょうか?

BtoCなら、SNSとインフルエンサーを活用した情報拡散が有効だね。自社ブランドの世界観に合うインフルエンサーを見つけて、商品紹介の投稿をしてもらうんだ。

なるほど。でも、そのためにはまず自社ブランドの世界観を明確にする必要がありますね。

その通り。ブランドの価値観やメッセージを整理して、ストーリー性のあるコンテンツを用意することが大切なんだ。

分かりました。では、長期的な施策としてはどのようなことが重要でしょうか?

長期的には、ブランドの世界観を確立し、顧客とのコミュニティを育成していくことが重要だね。
期待を超えるサプライズを提供し、顧客体験を磨き上げていくんだ。

なるほど。BtoBの企業の場合はどうでしょうか?短期的な施策で効果的なのは?

BtoBなら、アカウントベーストマーケティング(ABM)とリードナーチャリングがおすすめだね。重要顧客を特定して、ニーズに合わせた提案を個別に行うんだ。

顧客ごとにアプローチを変えるのは大変そうですが、効果は高そうですね。

そうだね。でも顧客との関係性が深まるから、高い成約率が期待できるんだ。一方、長期的にはコンテンツマーケティングが有効だよ。
自社の専門性を活かした良質なコンテンツを発信し続けることで、信頼と存在感を高めていくんだ。

なるほど。カスタマーサクセスストーリーなども効果的だと参考テキストに書いてありました。

そうだね。実際の顧客の成功事例を公開することで、自社ソリューションの有効性を示せるからね。ただし、知名度向上には時間とコストがかかるから、長期的な視点を持つことが大切だ。
自社の立ち位置をしっかり分析した上で、戦略的に取り組んでいこう。

はい、がんばります!短期施策と長期施策をバランスよく実践し、会社の知名度アップに貢献できるよう努力します。

期待しているよ。知名度の向上は会社の成長に欠かせない。一緒に頑張っていこう!

著者・文責 (Author / Responsible for the text)

平松誠一 (Seiichi Hiramatsu)

NTTドコモ出身。在籍時は一貫して広告宣伝・マーケティングに携わる。 1996年NTTドコモを退社。独立後の現在は、株式会社ベレネッツの代表取締役。
ドコモ時代より、年間150億以上の広告費を運用する経験を持ったが、NCC(新たに参入してきた携帯電話、ポケットベル業者)にボロ負けし、その結果から「今の時代、PUSH的かつマス媒体での戦術は効果なし」との認識を持つ。
以降はこれらの手法を反面教師とし、「引き寄せる」+「再現性のある」ブランディング+マーケティング事業に25年間以上携わっている。
重要なことは、ブランディングはロゴを作ったり、イメージチェンジをすることではなく、ターゲット層に刺さる認識を構築することだと考える。

Useful Contents

お役立ちコンテンツ

すぐ動きたいという方への無料サービス

上部へスクロール