TOP > 【基礎】企業ブランディング > 知名度・認知度を高めたい > 社名変更後のイメージをすばやく浸透したい

To quickly spread the image of the company after the name change

社名変更後のイメージをすばやく浸透したい

社名変更後のイメージをすばやく浸透したい

社名変更時こそ、取引先その他ステークホルダーに「新生****」をアピールする最大のチャンスです。

弊社の経験上、社名変更は2種類のパターンがあります。

1つ目は何らかの節目を迎え(創業**周年、IPO準備のため、事業ドメインが社名と合わなくなったetc)変更が必須条件となるもの。

2つ目はブランディングの結果、新しいイメージを創出するため社名変更に至り、ブランド構築作業中に、ネーミング案をご提示、絞り込んでいくというものです。

どちらの場合でも、会社にとっては「第二章」のスタートです。 弊社では、ネーミングが御社内で既に決定している場合はもちろんのこと、ゼロベースからネーミングライターを中心にネーミング作業から承りますので、社名が決まっていない場合もご安心ください。

社名を作成する場合は、日本語・カタカナで適切なネーミングを行う体制を持っているとともに、「読みやすい」「発音しやすい」「印象的な」「覚えやすい」 「ストーリーのある」「ドメインが取得できる」社名を作成します。
(過去にもありましたが、画数にこだわる、語頭の発音にこだわる、など様々な条件を加味することも可能です。)

また弊社顧問特許事務所とも連携し、国内・海外の商標類似調査・登録申請までワンストップで進めていきます。

社名変更時こそ、取引先その他のステークホルダーに「新生****」をアピールする最大のチャンスです。

「社名変更のお知らせ」からインパクトを与えるDMを用意し、完全ならブランディング統制の元、漏れのない運営を進めていきます。

また、今まで取引のある既存客にも迷惑をかけず、「新たな展開をしてくれそうだ」というプラスのイメージを与える戦略を実行し、新たな顧客層には事業本来の魅力を分かってもらえるようなブランド戦略を構築していきます。

Special Articles

特 集

すぐ何らか動きたいという方へ

上部へスクロール