未分類

デザインを投票で選定、進化するネットマーケティング

投稿日:2010-11-17 更新日:

究極の下着(ランジェリー)、そんな魅惑の商品を販売しているのが、ドイツの下着メーカーの日本法人「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」だ。
この究極の下着が作られた経緯は、一般的な商品開発と少し違っている。

トリンプでは、サイトを訪れる女性の消費者を対象に「身につけたいと思う下着のデザイン」をの投票をウェブサイトで実施。全6種類のデザインを公開し、一番人気となったデザインを商品化するという作戦だ。今年のデザインは雪と真珠をあしらったレースのもの。

またモデルも一般から公募し、人気投票を行っている。商品化や宣伝に消費者が加わり、一緒に盛り上げていこうという呼びかけは、商品のターゲットである女性の傾向にフィットしているといえる。彼女たちはファッションや恋愛の話が大好き。究極の下着を「彼のハートを射止める勝負下着」と位置づければ、自然と会話も弾む。

またユニークなのが「おねだり機能」。この機能を使うと、彼女たちの彼の元へ「これが欲しいな」というメールが届く。本当に買ってくれるかは本人次第…としているが、実績では80%近くの成功率だという。男としても、ダイレクトに欲しいものを伝えてくれた方が、好みから外れたりサイズを間違ったりする危険を冒さずにすむ。ありがたい(?)機能ともいえるかもしれない。

消費者の好みを反映した商品を、消費者を巻き込みながら作り上げていく。
今まで与えられる一方だった消費者は、大事なパートナーとなった。消費者は商品開発に携われば愛着がわくし、メーカー側も人気のないデザインを作る危険を回避できる。下着メーカーだけに、消費者とメーカーが気持ちよくフィットした販促といえる。

社内のみで商品開発を行っている会社は、勇気を出してネットでの呼びかけをしてみよう。消費者は自分の声を聞いてもらうのが大好きなのだ。

あなたの会社「おっ!」を必ず見つけるブランド構築を行います。CBAのブランド構築

-未分類
-, , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2021 All Rights Reserved.