【累計実績600社】数字で成果の出る”非広告”ブランディング@名古屋

【累計実績600社】数字で成果の出る”非広告”ブランディング@名古屋

貴社のお悩みは?
新規顧客が取れない。顧客獲得にお悩みの方
広告の効果がない。広告以外の手法をお探しの方
数字で成果の出る”非広告”のブランディングを名古屋で取り組むこと
名古屋の会社が取り組むべきブランディングとは?

広告やデザイン制作を行うことはブランディングではありません。
ブランド構築とは、その名の通りブランド=価値を構築する=見える化する、ということなのです。

例えば、名古屋には製造メーカーが非常に多いです。
製造メーカーで下請けに慣れてしまっている、もしくは既存顧客からの売上が大半、という会社の場合、ブランド力=ふさわしいデザインやイメージづくりを行うだけ本当に業績が変わるでしょうか?

答えはNOです。

ブランド力を高めるためのイメージづくり?

残念ながら、感性的価値で潜在顧客は動きません。
デザインやイメージづくりでブランド力を高められる、というのは幻想なのです。

WEBサイトを格好良くデザインしたところ、ロゴをリニューアルしたところで、顧客は動きません。

これはBtoB企業(法人との取引を中心とした事業を行う会社)ではもちろんのことですが、BtoC企業(一般大衆を中心とした事業を行う会社)でも同じなのです。

あくまでも、潜在顧客が抱いている、
・悩み
・問題点
・欲求
・フラストレーション
・イライラ
などを解決できるのがあなたの会社だ、という認識を与えて初めてブランディングは成功と言えるのです。

名古屋の会社のブランディングへの取り組みはまだまだ。

最近では、ブランディング/ブランド構築を経営戦略の要ととらえる会社が多くなってきました。
ところが名古屋ではまだまだ、の感じがします。

これはあなたの会社にとってみれば、逆に言えばチャンスなのです。

ブランディングの戦略を入れれば、能動的な営業活動、広告宣伝活動、展示会などでのPR活動を行わなくても、「能動的に」潜在顧客が近寄ってくるのです。

ベレネッツはブランディング事業をはじめて20年。
いままで一回も能動的な営業活動はしていません。
100%お客様よりお問い合わせがあるか、既存顧客のご紹介です。

弊社は名古屋からスタートしました。

話しは変わりますが、弊社の創業の地は名古屋です。
いま、東京や大阪に拠点が拡げられたのも、「潜在顧客の引き寄せ」が成功したからなのです。

地の利が悪い地域=名古屋にあっても、東京や大阪の会社からどんどん依頼が入るのです。
これがブランディングの力ですし、あなたが取り組むべき価値なのです。

もう一度まとめます。

あなたの会社が行うべきことは、
  1. ① 潜在顧客が能動的に動いてしまうベネフィットの「見える化」
  2. ② 能動的に動く要素は、顧客の「困った」「解決したい」という意気込みを持つこと、
  3. ③ 広告やデザインでは潜在顧客は動かせないという認識を持つこと、
  4. ④ 一旦ブランド構築ができると、「資産」になるため、その後のマーケティング活動、販促活動、認知向上などが非常にやりやすくなること、
  5. ⑤ ブランディングで「売上を伸ばす」ことが可能であるという認識を持つこと、
  6. ⑥ 名古屋など東海地方に会社があろうとも、業績アップには関係ないという意識を持つこと、
  7. ⑦ 売上アップがしたいのか、競合に勝ちたいのか、採用者を取りたいのか、新規顧客を獲得したいのか、最初に目的をはっきりする、
です。
株式会社ベレネッツのブランディングについては、
  1. ① すでに600社のブランド構築を行っています。
  2. ② 数値的な成果を出しています。
  3. ③ イメージとかデザインとかの話しではなく、経営・数値に精通しています。〜は分からないだろうな、ということはありません。
  4. ④ 企業間の競争であれば、常に競争優位性を念頭においておりますし、求人に困っているところであれば、求職者を狙ったブランド構築ができます。
  5. ⑤ 企業ブランディングだけではく、製品ブランディング、商品ブランディングも得意です。
  6. ⑥ 非広告の戦略を打ちますが、集客や販促活動ではかなり多くの再現性のあるネタがあります。
あなたの会社のブランディング/ブランド構築の目的は何ですか?
  • 競合他社に負けている
  • 売上が上がらない
  • 価格競争に陥っている
  • 商品/サービスが今ひとつブレークしない
  • 自社の競争優位性が分からない
  • コンペの最初の段階で落とされる
  • 会社のプレゼンがあまり上手にできない
  • いままでルート営業が中心で新規顧客が獲得できない

このような悩みがあるのであれば、解決策はブランディングです。

こんな悩みが検討中のお客さまから聞こえました。

「ブランディングコンサルタントの人と話すのは怖い」
「今まで外部の力を頼ってこなかったので不安」
「広告代理店くらいしか取引がない」
「自分の言葉でうまく説明できるか不安」
「知名度ゼロ、認知度ゼロでも大丈夫なのか」

大丈夫です。

ベレネッツのブランディングは

  • 難しい言葉を話さない
  • 事業内容は理解しているので概要の説明不要
  • コンサルタントではない(コンサルタントとはアドバイスし、指示する人)
  • 目的は数字で分かる成果
というものです。

非広告ブランディングすることで名古屋の企業のお客さまが得るもの
  1. ① あなたの会社の得意分野・領域・技などを精査し、徹底的に磨かれた競争優位性を持つストーリー
  2. ② 能動的に営業しなくても獲得できる集客術もしくは売上アップ術
  3. ③ 社員の方が自分達でも携われるマーケティング戦略
  4. ④ 社内のモチベーションアップ
  5. ⑤ 「何らかの」計数成果(最初に目標を決めます)
  6. ⑥ 弊社の企業コネクション(上場企業から雑誌に取り上げられるベンチャー企業まで)の中から、あなたの会社の事業繁栄につながるご紹介
などなど。
BtoB企業はもちろん、広告やイメージアップをしても業績が上がらないBtoC企業もどうぞ

BtoB企業の場合、相手はプロです。

合理的な判断をし、発注先を選ぶときに感情に左右されません。
つまり、どれだけデザイン性があるWEBサイトでも、かっこいい会社パンフレットがあろうとも、意に介さないということです。

合理的で冷徹な判断をこちらに向けるのは、「相手の欲求・問題・フラストレーション・イライラ」などを解決できる先である、という認識を得てからです。

ブランド構築では、その「ネタ」を作れます。

BtoC企業の場合、相手は一般消費者です。

時間があれば比較サイトを見て、口コミで判断する。
話題に上るところでなければ、全く関心を持たない。
一旦関心を持っても移り気で、すぐに冷めてしまう。

これは、ブランディング戦略・マーケティング戦略が悪いと断言します。
カバーできるのは広告ではありません。ブランディングなのです。

しかもブランディングの場合、長期間に渡って効果が持続します。
だからBrandingは「ing」が付くのです。

広告は出稿を中止すればそこで終了。ブランディングは、「資産」になりますので、ずっと利子を生み続ける原資となります。

名古屋・伏見からご訪問します。

弊社内(名古屋市営地下鉄・伏見駅すぐ)でお話しすることもできますし、御社にご訪問することもできます。または御社の社員には秘密に名古屋のどこかのホテルのラウンジなどでお会いすることも可能です。

弊社のオフィスの近くには名古屋観光ホテルや名古屋ヒルトンがありますので、そちらでご相談をされる会社もございます。

まずは動かないと始まりません。すぐにご相談ください。

お問い合わせ・ご訪問予約

経営に計数効果をもたらすブランディング。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
すぐに役立つコンテンツダウンロード

当社のブランディングなしでも活用できるノウハウ
ダウンロードいただけます。

コンテンツダウンロードはこちら

メルマガ購読

「今日から使えるブランディング/マーケティング手法」(週1回配信)をメールマガジンで配信しています。

お名前・メールアドレスのご登録をお願いします。
入力に誤りがあるとメルマガをお届けできなくなる場合がございます。
お間違えのないようご記入ください。


PAGE TOP