経営役立ち情報

宅配ロッカー業界にみるビジネスチャンスとは

投稿日:2018-07-11 更新日:

amazonや楽天などの台頭で、

インターネットショッピング

が世の中で浸透してくるにつれ、

配達物が爆発的に増えて、

宅配ドライバーの過重労働が

問題になっています。

 

問題なのは配達物が増えたこと

だけでなく、

 

配達先が不在のために荷物を

持ち帰らなければならなくて、

二度手間三度手間になって

しまうケースが大幅に増加

していることです。

 

この「配達先が不在」問題

を緩和する手段として、

宅配ロッカー/宅配ボックス

マンション/集合住宅を中心に

普及してきています。

 

実は、「配達先が不在」問題は、

インターネットショッピングが

浸透する以前から問題になっていて、

宅配ロッカー/宅配ボックスは普及

しはじめていました。

 

この宅配ロッカー/宅配ボックス業界

の老舗企業といえば、

 

株式会社フルタイムシステム

 

です。

 

30年以上も前から事業を始めています。

 

中の人も前職時代には、いろいろ

技術提案をしにいった記憶があります。

 

マンション/集合住宅向けのシェアは

いまでもNo.1のようです。

詳細はこちら↓↓

http://www.fts.co.jp/about/jisseki/

 

今では、大企業からベンチャーまで、

怒涛のごとくこの業界に参入して

います。

 

・パナソニック

・グローリー

・田島メタルワーク

・ダイケン

 

なにかがブームになったり、急成長を

はじめると、業界関係の“メーカー”も

急成長します。

 

今回の件でいえば、インターネット

ショッピングの急成長によって、

宅配ロッカー/宅配ボックスのメーカー

が急成長しています。

 

急成長するときのメーカーの課題は、

絶対的なリソース不足です。

 

開発、製造、お客様対応、受発注

システムなど、いろいろなことを

外部委託したりリニューアルせざる

を得ない状況になります。

 

場合によっては、経営戦略そのもの

を大きく変える必要に迫られます。

 

ここが、開発・製造、お客様対応、

システム関連、コンサルティング関連

の企業にとって、

 

大きなビジネスチャンスとなります。

 

急成長の業界の“周辺”で事業展開して

いる企業群に注目してみてください。

 

ビジネスチャンスが転がっているはず

です。

 

 

今日はここまでにします。

-経営役立ち情報
-, , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2019 All Rights Reserved.