雑学

どんな製品にもマーケットが。カメラ

投稿日:2018-04-25 更新日:

今はどこにでもカメラがあります。

 

一番身近なところではスマホですが、

それ以外にもWEBカメラやビデオカメラ、

家では、テレビドアホンに見守りカメラ、

街を見渡せば、監視カメラ、

医療では胃カメラ、カプセル内視鏡、

自動車ではドライブレコーダー・・・

 

まだまだありますが、

これだけカメラだらけの中で生活して

いると思うと、ぞっとします。。

というのは初めのうちで、最近はカメラ

があることが前提に生活しているので

個人的には何も思わなくなりました 笑

 

これからもどんどんカメラが様々な

ところに使われていくことが確実です。

 

さて、このカメラ、

様々な部品から構成されていますが、

中核になっている部品が

「カメラモジュール」と呼ばれるもの

です。

 

カメラモジュールには2種類あります。

・CCDカメラモジュール

・CMOSカメラモジュール

 

CCDはシーシーディーと読み、CMOS

はシーモスと読みます。

 

ここは技術の話をするところではない

ので、それぞれの名前の由来や技術内容

について知りたい方は検索していただけ

ればと思います。

鬼のように出てきます 笑

 

さて、この2種類のカメラモジュール、

最初に実用化されたがCCDの方で、

後から実用化されたのがCMOSです。

 

じゃあ、CCDとCMOSではCCDが

使われている割合が高いのではないかと

思うかもしれませんが、現在はCMOSが

圧倒的に使われています。

 

・2016年のCMOS/CCDカメラ

 の出荷台数は、40億5000万台

・そのうち、CMOSカメラ

 40億600万台で全体の約99%

・カメラの用途の7割がスマホ

 

<出典>

矢野経済研究所 CMOS/CCDカメラ

世界市場に関する調査を実施

(2017年)より

 

CMOSが実用化された1990年代は、CCD

と比較して「安いが性能が悪い」ので、

低価格製品にしか使われていなかったのですが、

 

その後、技術が進歩して、CCDと比較

して「安くて性能も良く」なったため、

CMOSの普及が一気に進みました。

 

CCDとCMOSの使用割合が逆転した

のが2004年と言われているで、

まだ13~14年しかたっていないのです

が、あっというまにCMOSだらけに

なっています。

 

ただ、産業用については、CCDと

CMOSの使用割合はまだ五分五分だと

言われています。

産業用として代表的なのは○○検査装置と

言われるものです。

 

CCD/CMOSカメラの

現在の参入メーカーは次の通り。

 

◆CCD

ソニー、シャープ、パナソニックなど

◆CMOS

ソニー、シャープ、パナソニック、

STMicroelectronics、オムニビジョン、

オン・セミコンダクター、サムスン電子

富士フイルム、浜松ホトニクスなど

 

CCDは圧倒的に日本企業が強かったの

ですが、CMOSは外資も強いです。

 

 

今日はここまでにします。

-雑学
-, , , , , , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2020 All Rights Reserved.