雑学

どんな製品にもマーケットが。段ボール

投稿日:2018-04-09 更新日:

「どんな製品にもマーケットは存在します。

大きなマーケットの動向はここでは

取り上げません。」

 

といっていましたが、方向転換します。

 

独断と偏見で

面白いと思ったマーケットを取り上げます!

 

ということで、今回は段ボール市場です。

 

ネット通販のヘビーユーザーである

中の人にとって

 

「段ボール」は

購入した商品を守ってくれるありがたい

ものでもあり、

どうやって処分するか困るものでも

あります 笑

 

段ボールの市場規模って

どのくらいなんでしょうね。

 

いくつかの記事や統計資料などを見ると

だいたい1兆5千億円程度みたいです。

 

巨大な市場です。

 

市場規模自体は右肩上がりです。

 

なぜなら、

ネット通販の普及が進んでいて

それに伴って段ボールの使用量も

増えているからです。

 

段ボールの上位3社は次の通り。

1.王子ホールディングス

2.日本製紙

3.レンゴー

 

ちなみに、 4位は、

カジノのために、

関連会社からお金を不正に借りて

106億円もつぎ込んだ井川意高氏が

会長を勤めていた大王製紙です。

 

この業界も

業界専門誌と業界団体があります。

 

◆業界専門誌

日刊板紙段ボール新聞社(http://itadan.com/

◆業界団体

全国段ボール工業組合連合会(http://zendanren.or.jp/

 

統計も業界団体で集計しています。

 

市場規模の話をする際に、

興味深いのは数量の単位です。

 

段ボールの場合の数量の単位は

何だと思います?

 

答えは、平方メートルです。

「○箱」ではないんですね。

当たり前か 笑

 

ここで小ネタを1つ。

 

世界的には、日本は頑張っていて

生産量でいえば、

アメリカ、中国に次いで第三位です。

 

さらにもう1つ。

 

段ボールの生産量は、

日本経済の景気動向との連動性が高い

と言われていて、

 

景気がよければ段ボールの生産量も増加し、

景気が悪くなると段ボールの生産量も減少

するようです。

 

景気動向を知る手段の1つとして活用

できそうですね。

 

 

今日はここまでにします。

-雑学
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2020 All Rights Reserved.