未分類

ビジネスパーソン必見!優秀な部下になる!_その①

投稿日:2017-10-30 更新日:

自分が働いている会社の上司は「こうであってほしい」と

いうことは誰しも思うことです。

でも、そんな自分達に都合のよい「優秀な上司」なんて

なかなかいないものです(笑)

 

なぜいないのかについては、さまざまな要因がありますが、

今回は割愛します。

 

 

不満いっぱいな上司をディスるだけでは、一ミリも会社の環境

は変わりませんし、自分のモチベーションも上がりませんし、

自分のスキルも上がりません。

 

変わらない上司に期待するよりも、自分が変わればよいのです。

 

そう、自分が優秀な部下になればよいのです。

 

 

自分が好む・好まざるに関わらず、年を重ねていくと、

人を指導する立場になっていくのですが、それと共に、

「評価する」よりも「評価される」機会の方が多くなってきます。

 

自分がディスってる上司は、将来のあなたかもしれないのです(笑)

 

部下の立場として「上司はこうあるべき」といろいろ思うように、

上司の立場として「部下はこうあるべき」といろいろ思っています。

 

普段から意識して「優秀な部下」になるという観点で行動しておくと、

年齢を重ねて自分が「上司」の立場になっても、うまく「部下」と

仕事を進めていくことができるようになります。

 

 

さて、上司のタイプはさまざまありますが、部下として困るタイプは

次の2つです。

①内弁慶・職人タイプ
②丸投げ・無責任タイプ

この2つのタイプに対応できるようになれば、他のタイプの上司

にもほぼ対応できるはずです。

そして、そんなあなたは「優秀な部下」になっているはずです。

 

次回以降で、この2つのタイプの上司への対応についてご説明

したいと思います。

-未分類
-, ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2021 All Rights Reserved.