売り上げ・利益アップ 経営役立ち情報 雑学

気象情報で売れる商品がわかる

投稿日:2018-06-11 更新日:

ときどき、ニュース番組の中で、

「○℃以上になると△△が売れるんです」

といった話題がでることがあります。

 

これは、これまでのデータ分析で、

天気/気温によって売れる商品が

ある程度わかっているからです。

 

大きく4つに分かれているようです。

①昇温商品

体感温度が高くなるにつれて売れる商品

例:アイスクリーム、ヨーグルト

②降温商品

体感温度が低くなるにつれて売れる商品

例:毛布、鍋焼きうどん

③晴天型商品

雨が降っていない日に売れる商品

例:園芸用品、キャンプ用品

④雨天型商品

雨が降っている日に売れる商品

例:雨傘、シャンプー

 

かなり以前から、コンビニやスーパー

は、天気によって棚に陳列する商品の

調整を行っています。

 

このような、気象情報を活用した

マーケティング戦略のことを

「ウェザーマーチャンダイジング」

と呼んでいます。

 

法人向けに

ウェザーマーチャンダイジング

を行うための情報提供やコンサル

ティングを行っている企業も

あります。

 

たとえば、以下のような企業です。

株式会社ライフビジネスウェザー

http://www.lbw.co.jp/index.html

 

ウェザーマーチャンダイジングで対象と

している商品が一般消費者向けが多いよう

にみえるため、

 

一見、BtoC企業にしか関係がないように

思いますが、BtoB企業にも大きく関係

してくることが多いです。

 

BtoB企業は、「C=一般消費者」と直接

の取引がないだけで、自社が取引している

企業の先には、「C=一般消費者」と直接

取引をしているBtoC企業がいることが

多いからです。

 

 

今日はここまでにします。

 

気象情報関連ビジネスの記事もご覧ください。

ビジネスパーソン知っトク情報 _どんな製品にもマーケットってあるんだね~という話_気象情報関連ビジネス

-売り上げ・利益アップ, 経営役立ち情報, 雑学
-, , , , , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2020 All Rights Reserved.