未分類

ビジネスパーソン必見!自分の仕事のリスク軽減方法とは_従業員編

投稿日:

経営者の場合、リスク管理・リスク対応・リスク軽減といったこと

は常に考えていることです。

 

実は、従業員の方々も仕事に関してさまざまなリスクがあります。

この場合のリスクとは、自分がなんらかの事情で担当している仕事

ができなくなる状態のことです。

 

考えられるのは、病気・事故・事件です。

 

自分だけでなく、家族が病気・事故・事件のために自分の仕事が

できなくなることもあり得ます。

 

このようなとき、自分しかできない仕事が多いと、会社は大変な

パニックになります。

業績に大きな影響を与えてしまう場合さえあります。

 

リスクをゼロにすることはできませんが、リスクを軽減すること

はできます。

今回は、従業員のための仕事でのリスク軽減の方法について

ご説明したいと思います。

 

方法は基本的には次の2つです。

①マニュアルをつくる

②機会をみて、相手の負担にならない程度に仕事の一部を手伝ってもらう

 

①については、どの企業でも行っていることなので、とくに補足説明は

ないのですが、操作が必要なものについては定期的に見直しが必要です。

いざ使おうとしたら、現在の画面と全然違う過去の画面が記載されていて

役に立たないケースがあるからです。

 

また、マニュアル作りで犯しやすい間違いは、一度作って終わりにして

しまうことです。

 

気づいたら修正するという作業を時間を見つけて短時間、頻繁に行うという

やり方が、一度に全部を加筆・修正するやり方よりも圧倒的に負担が少なくて

済みますし、マニュアルを使う必要が出た際の相手の役立ち度も高いです。

 

②については、自分のリカバリーをしてもらえる、仕事のつながりがある

人に対して、一部でもよいので自分の仕事のことをわかっておいてもらう

ということです。

 

これによって、突然、自分(and/or家族)が病気・事故・事件などで仕事

ができない状態になったときにも、完全ではないものの、ある程度自分の

仕事内容をわかっている人が対応できるようになります。

ある程度の「程度」が低くても、ゼロよりははるかにましです。

 

本当にある日突然、全くかかわったことがない仕事を任せるのは、任された

相手に大きな不安と負担を与えますし、それが社内で完全に処理できれば

まだよいですが、お客様とのトラブル要因になる場合は大変です。

 

自分しかできない仕事がある方は、実践することを強くお勧めします。

 

本日はこれまでです。

-未分類
-, , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2022 All Rights Reserved.