雑学

どんな製品にもマーケットが。自動販売機

投稿日:2018-05-09 更新日:

日本ではどこの街でも見かける自販機ですが、

一体どのくらいの数が全国で設置されている

のでしょうか?

 

答えは427万台です。

 

2015年までは500万台を超えていましたが、

2016年以降、400万台前半に減少しています。

※詳細なデータについては以下にアクセス

 をお願いします。

日本自動販売システム機械工業会

自販機データ

https://www.jvma.or.jp/information/information_3.html

 

自販機が減少している主な理由は2つ

考えられます。

①自販機運営会社が、設置台数よりも、

1台当たりの売上高を重視した戦略に

転換している。

 

②消費者にとって「ちょっと歩けば商品

が買える」という、自動販売機の最大の

強みである立地面において、コンビニや

小規模スーパーの台頭で、この強みが

薄れてきている。

 

自販機にも売っている商品によって

様々な種類があります。

 

自販機設置台数全体の57%ほどを

飲料自販機が占めています。

 

これはまあ予想通りだと思います。

 

次はなんだと思いますか?

答えは、自動サービス機で全体の30%

ほどです。

 

自動サービス機って聞きなれない言葉

です。

 

何のことを指しているのかと思いきや、

両替機、自動精算機(駐車場・ホテル・

病院他)、コインロッカー・各種貸出機

などを指しています。

 

これらも自動販売機の統計に入っている

のです。

 

へぇ~という感想です 笑

 

ちなみに、

たばこ自販機は、ピーク時に約63万台も

設置されていましたが、現在では17万台

まで落ち込んでいます。

 

時代の流れですね。

 

 

さて、本日最後の質問です。

 

あの大きな飲料自販機の1台の価格はいくら

ぐらいだと思います?

 

答えは、30~40万円程度のはずです。

 

安い。。。

 

 

今日はここまでにします。

-雑学
-, , , , , ,

Copyright© NINCHY(ニンチー):すぐ認知度を高める手法をまとめたメディア , 2022 All Rights Reserved.